腫瘍の種類や場所に違い

診察室

がんはとても怖い病気で、医学の発展した日本でもがんで毎年多くの人が亡くなっています。現在日本人の死因の第1位ががんです。なぜならがんは治療しても、再発したり転移したりすることもあり、完治することが難しい病気だからです。ですが、全てが転移し易いわけではありません。腫瘍の種類によっては転移する可能性が高い腫瘍と低い腫瘍があります。リスクの高いがんとその転移先を知っておくことで少しでも再発や転移の可能性を低くしましょう。

最初にがん細胞が発生した場所によってその性質が異なることを覚えてきましょう。そのため腫瘍の種類によっては転移する可能性が高い場合もあるのです。さらに腫瘍の種類によって移動しやすい器官が決まっています。また同じがんでも発生した場所によってもリスクは変わります。例えば、大きな血管にがん細胞が発生した場合やリンパが集まっている臓器の近くの場合は転移のリスクは高くなります。

それでは転移の可能性が高い腫瘍とその移動先を紹介します。肺がんは、肝臓や腎臓、脳、骨に転移する可能性が高く、乳がんは、肺、肝臓、脳などに転移しやすいでしょう。さらに、胃がんは、肺、肝臓、膵臓、腎臓に。悪性黒色腫はリンパ節や骨に転移する可能性が高いでしょう。しかし、逆に転移しにくい腫瘍もあります。子宮頸がんや甲状腺がんは移動することの少ない腫瘍です。
がんが転移するのは、リンパ節や血液の流れに乗って違う臓器にがん細胞が移動することが原因です。そのため、早期に発見することが大事です。

Copyright© 2017 がんの転移は活発な細胞分裂によって起こる|最適な治療方法で撃退 All Rights Reserved.