看護師

脳内にできた腫瘍

脳内にできる腫瘍を、脳腫瘍と呼んでいます。できてしまった部分によりさまざまな症状が現れてきます。いろいろな治療方法がありますが、術を主な治療方法として、放射線治療や、薬物療法が組み合わせて行われています。

詳しく見る

カウンセリング

見つかりにくいがん

すい臓は、消化を助けたり血糖値をコントロールする上で重要な臓器です。すい臓がんになると、血糖値をコントロールすることができなくなるので、突然糖尿病になることがあります。すい臓がんは発見しにくく治療も難しいがんなので、予防することが大切です。

詳しく見る

ドクター

人気の病院と予防法

脳腫瘍は死亡する可能性がある病気なので、 日本にもこの病気に特化した病院があります。そういう病院は口コミで噂が広まり、任意があります。予防を普段から行なうことも大切ですが、もしなった場合には様々な治療が用意されています。

詳しく見る

診察室

腫瘍の種類や場所に違い

健康であることは誰しもが望んでいることです。そのため、最近は健康志向の人が日本でも増えていますが、がんの検査を定期的に受けている人は少ないでしょう。がんは転移しやすく、再発の可能性もあるので、早期発見するためにも定期検診が重要です。

詳しく見る

ハート

喫煙者に多いがん

喫煙者は自分の健康と引き換えにタバコを吸っています。喫煙者がなりやすいがんとして咽頭がんが挙げられます。咽頭とは喉の奥辺りのことで食事をしたり、呼吸したりするときに重要な器官です。咽頭がんは放射線や抗がん剤治療が有効的です。

詳しく見る

相談

死因が高いがんの王様

がんの中で最も死因が高いがんといえば、すい臓がんです。すい臓がんは早期発見が難しくて、手術で切除することが出来ても、再発や転移の可能性が非常に高いことが死因の高い原因です。喘息の人はすい臓がんになる可能性が少ないことがわかっています。

詳しく見る

聴診器

死亡患者の多い血液のがん

人間の免疫昨日は正常に働いてくれると非常に心強い昨日ですが、異常に増殖してがん細胞に変異する可能性があります。これが悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫は白血病を同じ、血液のがんで死亡者数の多いがんです。

詳しく見る

医者と看護師

諦めずに治療

たくさんの人を悩ませている病気であるがんは、治療を完了した後に再発してもう一度治さないといけない場合もあります。更に、そのまま放置すると転移する危険性もあるので専門のクリニックでしっかりと治しましょう。

詳しく見る

病院

発症する人が多い病気

多くの日本人を苦しめている病気となるのががんです。放置すると身体に大きな影響を与えてしまうので、専門のクリニックを利用してがん治療を受けるといいでしょう。そうすることで健康な身体を手に入れられます。

詳しく見る

カウンセリング

様々な異常

身体にとって大切なパーツである胆のうは食生活などが原因となって様々な病気を発症させます。その内の一つとしてあるのが胆のうがんと言われるものです。こちらの病気になると身体に多くの異変を与えます。

詳しく見る

医者

呼吸をする器官

がんの病気の中でも多くの人が発症するのが肺がんです。この病気を発症させてしまうと呼吸器官に様々なトラブルを発生させてしまいます。また、肺がんと断定できる症状がないので、発覚するのに時間がかかる特徴もあります。

詳しく見る

全身治療の困難さ

ハート

ガン細胞の持つ性質

がん細胞はもともとはその人の細胞です。正常な細胞はその細胞があるべき場所に存在し、するべき役割を担って時期が来たら、新しい細胞と入れ替わって自らは死ぬという性質を持っています。しかし、何らかの原因で遺伝子に異常がおき、これらの仕組みがうまく働かなくなったことを細胞のがん化といいます。がん化した細胞は周囲の細胞との調整をとることもなく、無制限に増えようとし血液やリンパ液の流れに乗って離れた臓器にまで到達し、そこでも増えようとします。これが転移です。転移した細胞はもともとの組織の細胞の性質を持ったままであり、胃がんが肝臓に転移した場合、転移した細胞は胃の細胞の性質を持ち続け、肝臓の細胞にはなりません。

治療手段がなくなる

転移がなぜ恐ろしいかといえば、治療する手段がなくなってしまうからです。現在、ガンの三大治療法は手術療法、放射線療法、化学療法です。遠隔臓器に転移が認められた場合、問題のある細胞は全身に散らばっていると判断できます。手術はガン細胞を大きく切り取る方法であり、放射線照射は局所の細胞を放射線で殺す方法です。全身を切り取ることはできませんし、放射線を当てると細胞は死にますから、全身に放射線をあてることもできません。そのため非常に難易度の高い治療法でもあるのです。しかし、現在のところ化学療法のみでガンを死滅させられるのは白血病などごく一部に限られています。これ以外のガンを完治させられるのは、病気の発症部位を大きく切り取ったり、放射線を当てたりしてガン細胞を殺してしまう治療法だけです。また、これらの治療は時間との戦いであり、治療が遅くなればなるほど治る可能性も低くなってしまいます。そのため、可能であれば定期的な検診を受け、病気の発見を能動的に行うのがベストです。これは一度治療を行った後も同様であり、定期的な検査ががんの発症、そして転移による症状の悪化を防ぐことが可能になるでしょう。

Copyright© 2017 がんの転移は活発な細胞分裂によって起こる|最適な治療方法で撃退 All Rights Reserved.